2014/11/16

小豆島1周&寒霞渓ヒルクライム 前編

半年ぶりの更新になります。
すでに多くの方がこのブログの存在をお忘れかと思いますが。

ここ半年間、何をしていたかと言いますと、
5月~7月→残業ばかりで自転車に乗る気力がわかず、
8月→多少仕事も落ち着いたので、さあ乗ろうかと思いきや、週末と盆休みに悪天候が続き、
9月初頭→友人と走りに行った際に体力が激しく低下していることを実感。
9月~11月→ひたすら走りこみ。体重も63kgから57kgまで落ち、体力回復。
といった感じです。

さて、今回は前々より行きたかった小豆島への旅行を決行することにしました。
本当はお盆に行くつもりでしたが、ずれにずれ込み11月に。

自宅を出発したのは朝の5時半。
息が白くなるくらいの寒さで、サイクルウェアの上にダウンコートを羽織って走りました。


20141116_070800.jpg 
飾磨港から7時15分初のフェリーに乗ります。
出発の20分前にチケット売り場に到着し、チケットを購入。
客室内はビンディングシューズ禁止で、入り口のところでスリッパを渡されました。
ロードバイクを船に乗せるの初めてのことで、倒れたりしないか心配だったのですが、
船員は手慣れた様子で、ハンドルを手すりにしっかりと固定してくれました。
ちなみに、他にいた4,5人のローディ達は、
自転車を輪行袋に入れて客室に持ち込んでいたため(その方が料金が安いので)、
駐輪スペースに留めていたのは私一人だけでした。


20141116_083633.jpg 
紅葉の季節ということだからでしょうか、多くの観光客でごったがえしていました。
船内はとても綺麗で、調べたところによると、つい半年前に進水したばかりの船だったみたいです。
写真の真中にいる緑色のやつは、小豆島のゆるキャラ「オリーブしまちゃん」。


20141116_090508.jpg 
2時間弱で小豆島の福田港に到着。
天気が心配だったのですが、気持ち良いくらいに晴れてくれました。
9時過ぎの気温は寒すぎない程度で、サイクリングにうってつけです。

今回は、福田港から時計回りに小豆島を一周するプランです。
前半はあまり汗をかかない程度に流そうと考えていたのですが、
福田を出てすぐにアップダウンの激しい地形が続き、すぐに汗ばんできました。


20141116_101255.jpg 
小豆島町に入り、道に迷いました。
いつもならハンドルバーにサイクルナビをつけているのですが、今回は最近購入したスマホをナビとして代用。
リュックからスマホを取り出すのが面倒なのと、GPSの精度がイマイチだったので、
やはりロングライドでは専用のナビを使ったほうがいいように思いました。
最初の目的地であるマルキン醤油工場では、名物のしょうゆソフトクリームをいただきました。
バニラとしょうゆを組み合わせると塩キャラメルのような味になるみたいです。


20141116_103916.jpg 
マルキンからの道は比較的平坦。
海沿いの道は大好物です。


20141116_104911.jpg
20分ほどで道の駅オリーブ公園へ到着。


20141116_105707_d.jpg 
オリーブ記念館を見学しました。
入り口でギリシャ神話の女神アテナが出迎えてくれます。
オリーブの木はアテナの神木で、ポセイドンとの戦いの際にアテナに勝利をもたらしたそうです。


20141116_110407.jpg 
小豆島は日本で初めてオリーブの栽培に成功した場所であり、
現在では4種類のオリーブが栽培されているとのことです。
背の低いオリーブの木々には、緑色の実がたくさん成っていました。


20141116_110607.jpg 
オリーブ畑を抜けると、真っ白なギリシャ風車が見えてきました。
空の青とのコントラストが良いですね!


20141116_111606.jpg 
オリーブ発祥の地から、瀬戸内海を一望。


後編へ続く。

2014/05/11

丹後半島一周 車載+輪行の旅

ゴールデンウィークの中ごろは天気が良くなかったので、
京都市内と丹後半島を二日間かけて走破しようという計画は、
スケジュールの都合上不可能になってしまいました。
今回は京都市内を回る方はあきらめて、丹後半島を一周することに。
例によって、旅行から1ヶ月近く経ってからの更新になります(笑


P1110568.jpg 
現地まではロードバイクを軽トラに積んでいくことにしました。
初めての車載で、最初はロープを使って固定しようと考えていたのですが、
結ぶには練習が必要で、素人ではなかなか難しいみたいでした。
なので、タイダウンベルトという荷物をトラックに積む際に使用するベルトを工具の専門店で購入し、
使用してみたところ、しっかりと固定することができました。
多少のコツはいりましたが、安心して自転車を運ぶことができます。

朝の6時に自宅を出発し、福知山に到着したのは8時前。
駐車場に軽トラを停め、ここから自転車の旅をスタートしました。


P1110593.jpg 
福知山からは由良川沿いに県道および国道175号線を下っていきました。
天気予報では晴れとでていたのですが、どうも天気が良くない。
気温も低く、長袖の上着とウィンドブレーカーを持ってきて正解でした。

しばらくして176号線に入りました。
川沿いのルートではなく、山の中を突っ切る最短のルートを選びます。
このあたりで、朝からかかっていた濃いもやが一気に晴れ、気温も上昇。
アップダウンの激しい地形とも相まって汗だくになりました。


P1110609.jpg 
与謝野峠の頂上からの眺め。絶景哉!

峠を一気に下り、宮津に向かって走ります。
与謝野町を過ぎ、宮津に入ってしばらくしたところで海が見えてきました。
山育ち(というほど山奥ではないですが・・・)の私にとっては、海が見えてくると遠くまで来たなぁという感じがしてきます。


P1110640.jpg 
最初の目的地、天橋立が見えてきました。
下から見るとただの林にしか見えず、地味ですね!w


P1110651.jpg 
天橋立の南側に到着。お土産やさんや食事処がたくさん立ち並んでいます。
GWなのでかなり混雑していると思いきや、そうでもありませんでした。


P1110685.jpg 
現地に到着するまで知らなかったのですが、天橋立は自転車で乗り入れることができるんですね。
とはいえ、ロードバイクでの走行に適した道ではありませんが。。
松の生い茂る砂州を、ロードバイクを押しながら渡りました。


P1110696.jpg 
砂浜で休憩。
全長3.7キロというだけあって、歩いて渡るのはなかなか疲れます。


P1110710.jpg 
12時半くらいに天橋立の北端に到着。
6時頃に朝食を食べてから何も食べておらず、空腹で倒れそうだったので、うどん屋で昼食をとりました。
山間にケーブルカーが見えますね。股のぞきで有名な傘松公園へ通じています。
頂上まで行きたかったのですが、駐輪できそうな場所が見つからず、今回は断念しました。


P1110715.jpg 
昼食後、天橋立を出発し次の目的地の伊根へ向かいます。
伊根までは海沿いのフラットな道で、サイクリングに最適でした。
天気は雲ひとつ無い晴れ。海の青と空の青が混ざり合って、とても綺麗です。


P1110763.jpg 
30分ほどで伊根町に到着。伊根の舟屋は、以前から訪れてみたかった場所のひとつです。
舟屋とは、船の格納庫と民家を合わせた作りの建物のことで、
日曜日の夜に鉄腕DASHという番組でTOKIOが作っているアレのことです。
ずらりと立ち並んだ舟屋が圧巻ですね。


P1110790.jpg 
伊根を過ぎてからは、うってかわって激しいアップダウンの連続です。
ロードを購入する以前、クロスバイクで鳥取から城之崎まで海沿いの道を走ったことがあるのですが、
そのときを髣髴とさせるような、日本海沿岸独特の地形でした。
汗だくになりながら上り坂を登っていると、道端から
「がんばれー」と、声をかけてくれたおじさんが。
「めっちゃいい天気やなー」
「サイクリング日和ですね!」
何気ない会話で元気をもらいました。


P1110805.jpg 
丹後半島の最北端、径ヶ岬に到着。
下調べで灯台があることは知っていたのですが、遠くにポツン見えるだけで登ったりはできませんでした。
すこしがっかりなスポットです。


P1110806.jpg 
丹後松島。東北の松島に似た地形から名づけられたそうです。
浜辺に下りようとしましたが、立ち入り禁止の看板がかかっていました・・・。


P1110810.jpg 
だんだんと日が傾いてきました。
夕暮れの日本海を泳ぐこいのぼり。


P1110818.jpg 
屏風の形をしているから屏風岩というそうです。

このあたりで走行距離は100キロを越え、足の限界が近づいてきました。
ここから最寄の駅まで行って電車で帰っても良かったのですが、
それだと丹後半島一周にならないよなぁ・・・と、無駄なところにこだわってしまい、
宮津まで40キロ近くを走ることにしました。
ナビの示す通りに走ったのですが、宮津に入る手前でよく分からない峠道(しかも2連続)に誘導され、
無駄に時間と体力を消耗する羽目に・・・。
くたくたになって宮津駅前に到着したのが19時。
自転車をたたむ時間もあって、電車に乗ったのは20時過ぎのことでした。


P1110834.jpg 
各駅停車の北近畿タンゴ鉄道に揺られ、50分ほどかけて福知山に到着。
駅前で自転車を組み立て、駐車場まで移動しました。
写真は、その途中で撮った夜の福知山城。

福知山を出て自宅に到着したのは日付が変わってからのことでした。
今回の教訓は、車載+輪行の旅は色々とめんどくさい、ということです。
次回からはどちらか片方だけにしよう…。


↓今回走ったルート。画像をクリックすると別画面で詳細が表示されます。
2014/04/27

関空これくしょん

ゴールデンウィークの休みが始まりました。
ありがたいことに9連休をもらえることになり、初日の今日、早速遊びにでかけてきました。


P1110324.jpg 
行き先は関空。飛行機の撮影が目的です。
昼前に空港に到着し、日が暮れる直前までひたすら写真を撮影しました。

以下、お気に入りの飛行機ベスト5!
今回の記事はロードバイクとは全く関係ありません!!


P1110399.jpg 
第5位 Peach(日本)
格安で有名な航空会社、Peach。ピンク色が鮮やかですね。


P1110479.jpg 
第4位 FedEx(アメリカ)
3基のエンジンのうちの1つを尾翼に積んでおり、独特な形状がカッコイイ。


P1110444.jpg 
第3位 ANA(日本)
おなじみの、ANA。青色が好みです。


P1110470.jpg 
第2位 AirAsia(マレーシア)
Peachを上回る派手なデザインに度肝を抜かれました。


P1110472.jpg 
第1位 Star Flyer(日本)
白黒のモノトーンカラーが逆に印象的。
尾翼のロゴもお洒落です。


P1110519.jpg 
番外編 QATAR(カタール)
着陸の瞬間をたくさん撮影しましたが、動いているものを撮るのは難しいですね。
普段は風景ばかり撮影しているので。
一瞬でピントを合わせ、フレームの中に機体を納めるのにはなかなかコツがいりました。
その中でのベストショットがこの1枚。


P1110551.jpg 
番外編 HAWAIIAN(アメリカ)
遅い時間にしか見ることができないレア機体だそうです。
日没前に撮影することができました。
ハワイらしいロゴがイイですね。


P1110558.jpg 
りんくうタウンで夕食をとり、下道を走って帰宅。
家に着いた頃には日付が変わっていました。


以上、関空に行ってきた話しでした。
ゴールデンウィークはまだまだ残っているので、自転車の旅も企画中です!
2014/03/24

世界の梅公園と蒜山高原

年が明けてからは、寒さのせいでほとんどロードバイクに乗りませんでしたが、
そろそろ暖かくなってきたので活動を再開しようと思い、ロングライドに出かけました。


P1110129.jpg 
朝早くに自宅を出発。
最近は仕事で遅番が続いているので起きるのが辛かったですが、自転車にまたがるとすぐに元気が出てきました。


P1110138.jpg 
姫路の花田にある友人宅に立ち寄り、車でモーニングを食べに行きました。
姫路では有名らしい喫茶店「カフェ・ド・ムッシュ」
2号線の市川橋を渡ったところにある、K's電機の裏手にあります。


P1110136.jpg 
人気No1のメニューである「キャンディー」を注文。
見ての通り、恐ろしいほどのボリュームです。
サンドイッチにアーモンドトースト、ポテトサラダ、スパゲティ、ハム、オムレツが所狭しと盛られており、
とてもではないが食べ切れませんでした。

1時間ほど雑談をした後、友人と別れ、喫茶店を出発。
市川沿いを南下し、そこからを浜国沿いに世界の梅公園を目指しました。


P1110147.jpg 
公園の入り口。
ここから山頂まで、約2kmほどのぼりが続きます。
昼前で暖かくなってきたせいもあり、汗だくになりながらペダルを回しました。


P1110177.jpg 
山頂手前の駐車場に到着。
自転車は駐車料金が無料です。入園料は取られましたが。(梅のシーズン中のみ有料です)
駐車場からは瀬戸内海が一望できます。
雲ひとつ無い快晴。春霞がかかって遠くの景色がぼやけて見えます。


P1110159.jpg 
海をバックに梅の花を撮影。


P1110195.jpg 
菜の花が春を感じさせます。


P1110183.jpg 
山頂には、唐梅閣(とうばいかく)という中国風の塔が立っています。
とりあえず、ここまで歩いて行くことに。


P1110203.jpg 
梅の回廊を歩く、おじいちゃんとお孫さん。


P1110212.jpg 
色鮮やかな紅梅。


P1110229.jpg 
甘い匂いに誘われて、ミツバチが蜜を集めに来ています。


P1110223.jpg 
頂上へ到着。
写真は撮りませんでしたが、唐梅閣から眺める瀬戸内海は絶景でしたよ。

園内をゆっくりとまわり、この後は室津港にでも立ち寄って帰ろうかと思っていたのですが、
相生に住むS氏からメールが。
「今から雪山を見に行きませんか?」
「雪山!?今からですか?」

急きょ予定を変更。ロードバイクの旅はここまでです。
車に乗せらて連れて行かれた先は…


P1110238.jpg 
一面の銀世界!
一気に季節が春から冬に逆戻りしました。


P1110248.jpg 
ここは、岡山県の北の果て、鳥取との県境にある蒜山(ひるぜん)高原です。
中国自動車道・米子自動車道を乗り継ぎ、2時間かけてやってきました。

蒜山高原は名前は聞いたことがあるのですが、実際に訪れたのは初めてです。
岡山にこんなリゾート地があるとは知りませんでした。

雪がたくさん残っているのに寒くはなく、気温も15度近くあります。
春のような暖かで雪の中を歩くのは、とても不思議な感覚でした。


P1110254.jpg 
ひるぜんジャージーランドで休憩。
ジャージー牛の牛乳でできたアイスを食べました。

ジャージー牛というのは淡い茶色の毛をした牛のことで、
日本で一般的なホルスタイン(白と黒のまだら牛)と比べて濃い味のする牛乳が出るそうです。


P1110257.jpg 
ジャージー牛はいませんでしたが、代わりに馬を撮影。
恐る恐る触れてみましたが、少し嫌がられました(笑)


P1110286.jpg 
さらに県境を越え鳥取へ。
中国地方最高峰の大山手前までやって来ました。
奥大山スキー場からの写真。
今の季節、車で行くことのできるぎりぎりの場所です。


P1110312.jpg 
帰りは高速を通らずに下道でゆっくりと帰ることになりました。
途中、道の駅で巨大なZガンダムを発見。それにしてもなぜZガンダム?


↓今回走ったルート。画像をクリックすると別画面で詳細が表示されます。
2013/12/31

岡山旅行 2日目(後編) 吉備路自転車道

前の記事からの続き)

前回の記事より2ヶ月近く経過してしまいました。
すでに旅の記憶が失われつつありますが、思い出しながら書きます。


P1100961.jpg 
倉敷の次の行き先は総社です。
総社市から岡山市までを結ぶ吉備路自転車道を走るのが、今回の旅行の最大の目的です。
倉敷から総社まで約10km。高梁川に沿って堤防の上を走りました。
写真は、高梁川にかかる井原鉄道の橋梁です。


P1100974.jpg 
総社駅に到着。
駅前にはコンビにも何も無く、人影もあまりありませんでした…。
サイクリングロードを示すような標識を発見。
駅から東側に向かって、走ります。


P1100979.jpg 
市役所の手前を南へ折れると、突き当たりに運動公園があり、そこで自転車道の案内地図を発見しました。
結構入り組んでいて複雑そうなルート…。
事前にちゃんと調べてこなかったので、迷わず走り切れるか不安です。
(因みに、駅前からここまですでに自転車道路を外れて走っていたみたいです。)


P1100984.jpg 
地面に「自転車道」の文字。
西風が追い風となり、とても快適に走れした。


P1100989.jpg 
やよい広場というところで、高床式倉庫を発見。
日本史の教科書でよく見かけますが、実物を見たのは初めてです。


P1110002.jpg 
サイクリングロードは田んぼの間を縫うように続きます。
目の前に見えるの、ただの山ではなく作山古墳です。
前方後円墳の「前方」部分にあたるところだそうです。


TS3Y0001_20140216164217766.jpg 
作山古墳を過ぎたあたりで、サイクリングロードから少し逸れて昼食休憩。
このあたりはラーメン店が多くひしめいているみたいで、そのうちの1つ「中華そば吉備路」というお店に入りました。
店内は客でほぼ満員。
ラーメン店は当たりはずれが大きいですが、ここはとても美味しかったので大当たりでした。
満腹になったところで再出発。


P1110013.jpg 
遠くに備中国分寺の五重の塔が見えてきました。


P1110027.jpg 
備中国分寺は、奈良時代に聖武天皇により建造された国分寺の1つで、
現在の建物は江戸時代中期に再建されたものだそうです。
塔の手前には梅と桃の林があります。花の季節にきたら綺麗なんだろうなぁ。


P1110042.jpg 
備中国分寺正面。
時間があればよかったのですが、今回は参拝せずにスルーしました。


P1110048.jpg 
造山古墳…かな?
1つ手前にあるはずだったこうもり塚古墳や国分尼寺跡はいつの間にか通り過ぎてしまったようです。


P1110058.jpg 
突然目の前に馬が現われ驚きました。
馬牧場のようです。


P1110067.jpg 
馬牧場を過ぎたあたりで、いつの間にかサイクリングロードを逸れてしまいました。
足守川の堤防にでたところで奇蹟的に合流。
が、しばらく走ったところでまた道を外れてしまい、完全に迷子に。
所々に案内の標識があることはあるのですが、1つでも見落とすと道から逸れてしまい、
初めての人には不親切すぎるように思いました。


P1110068.jpg 
散歩をしているおじさんに道を尋ね、なんとか吉備津神社前に到着。
時間的な余裕もなく、ここも1枚写真を撮るだけで華麗にスルーしました。


P1110071.jpg 
鼻ぐり塚(よくわからないw)を越えて…


P1110078.jpg 
最後のチェックポイントである、吉備津彦神社へ。
先ほどの神社と名前が似てますが別物です。
神社の中は、丁度初詣の準備中のようで関係者があわただしく作業をしていました。
無事に家まで辿り着けるよう、安全を祈願して出発。

自転車道のゴールはここよりさらに東にある岡山県総合グラウンドらしいのですが、
神社を過ぎたところで再び迷子になってしまいました。
標識を探し周ったのですが見つからず、リタイヤすることに…。

最寄の駅から電車に乗ろうかと考えましたが、もう少しだけ時間と体力に余裕があったので、
日没まで走れるところまで走ることにしました(電車代も安くなるので)。


P1110083.jpg 
日没直前の5時に、万富駅に到着。
急いで自転車を輪行袋に詰め、列車に飛び乗りました。


今回のロングライドはいつも以上に観光することが出来き、大満足でした。
ただ、2013年はロードバイクに乗る頻度が減ってしまったので、体力の低下を痛感した旅でもありました。
あと、もう少し更新のペースをあげていかないとなぁ(苦笑)


↓今回走ったルート。画像をクリックすると別画面で詳細が表示されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。